カードの引落金額が足りない!カードキャッシングを利用した体験談

女性 50代女性、遺族年金と簡単な内職で生計を立てています。セディナのカードキャッシングでお金を借りたときの体験談です。

カードの引落金額が足りない!足りない5万円をカードキャッシングで借りる

私の使っているセディナカードは、引き落としの前日くらいに明日引き落とすお金が足りない時にはメールをくれます。

自分の頭の中では、足りるだろうと思っていた預金残高が、予定外のものが引き落とされたことで、足りなくなってしまいました。

それがわかったのは前日の22時です。51000円足りません。地方銀行に行けばある金額ですが、この時間は、開いていないし、引き落としはいつも日にちが変わってからすぐなのも知っていました。

「お金が足りない」この事実に気が付いたのが、引き落とし前日の22時です。焦りました。

引き落とし不能になってしまって、延滞料を払って次の日以降に払うことも考えました。でも今まで、引き落としがされなかったことがない自分の経歴に汚点をつけたくない気持ちの方が強かったです。

セディナカードにキャッシングがあって、即時支払いがあるということがわかって、次の月に1回払いで返せばそれほど、利息も負担にならない。ともかく引き落としができないという自分の汚点になってしまうようなことがないようにしなければと、考えました。

普段から使っているカードでのキャッシングだったので、信頼もできると思ったし、自分自身、カード払いは順調な引き落としがされているので、向こうからの信頼もあるだろうと思いました。

キャッシングするとポイントがけっこうもらえる

良いなと思ったのは、キャッシングすることで、ポイントの加算があることです。

セディナカードのポイントはいつもnanacoカードに振り込んでいてコンビニでの買い物に役立てています。もらったポイントで、さらにセブンイレブンでの買い物でポイントがもらえるので、利息分には程遠いですが、何らかの形で自分に戻るものがあるというのがいいかなと、思ったことも自分の中での利点でした。

ちょうどセブンイレブンではお総菜・冷凍食品を5点買うと1点好きなものをプレゼントというのもやっていた時期でもあったので。

 

初めてのネットでのキャッシング。申請して1分くらいでお金が振り込まれる

利息額や、支払方法(セディナのキャッシングの場合は、リボ払いか一括払いの2択でした)を選ぶだけです。

いつも今月の引き落とし額を確認するページからできます。ネット上でのキャッシングは初めてでしたので、何分で自分の楽天銀行の口座に振り込まれるんだろうと、ボタンを押しながらもドキドキしていました。

私は楽天銀行との契約で口座に入金や出勤があるとメールで連絡が来る設定になっています。セディナカードのキャッシング申請のボタンを押して、5分も経たないうちに、もしかしたら1分くらいだったかと思います。

メールが来て、楽天銀行に入金がありますと、メールが来ました。楽天銀行のサイトを開いて、その金額を見てほっとしました。

この経験はこの体験談を書いている前の月の出来事です。今月の中旬には遺族年金も支払われます。そのお金で月末にはカード会社の請求に一度に返済することができる予定です。

今月は借金もあるので節約を心がけて計画も立てています。

足りない金額は51000円でした。セディナカードのキャッシングは1万円単位です。たった1000円のために借金が60000万円になってしまったことは、ちょっと悔しかったですが、「大丈夫だよ、すぐ払ってあげるよ」という感じですぐに振り込まれたことにとても感謝しています。

もっと、時間があったら楽天銀行のローンと比べたり、ジャパンネット銀行のカードローンは30日以内に返せば無利息なんて言うのも見つけたので、いろいろな選択肢も探したかもしれません。

地方銀行からもカードローンの手紙がたくさん来ている

最近は取引している地方銀行からもカードローンのおすすめの手紙もたくさん来ていて、借金をすることはそんなに悪いことではないとかんがえました。

銀行も貸してやっているではなくて、借りていただいていて利息で銀行を保っていると考えました。

自分の中のキャッシングに対する不安は、自分のプライドが壊れるんじゃないかという事でした。また今日中に入金されるのかも不安でした。

どう思いましたか?この記事をシェアする

Facebookでシェア Twitterでシェア

10月 16, 2017 カードの引落金額が足りない!カードキャッシングを利用した体験談 はコメントを受け付けていません。 お金を借りたリアルな体験談