病気で働けなくなり生活費のお金をキャッシングで借りた結果・・・

病気で働けなくなりイオンクレジットサービスでお金を借りたという20代前半のフリーターの方の体験談です。

病気で働けなくなり生活費や家賃が・・・

数年飲食店で働いていましたが、病気になって今まで働いていた仕事が出来なくなってしまい食費や家の家賃などの生活費に困りイオンクレジットサービスを利用しました。

最初は2,3万づつから始まり、最後は20万くらい借りていました。

返済方法は最初はリボルビング払いで、お金が出来てから大きい金額で返済していました。最終的には全額返済出来たのでよかったのですが、かなり当時は辛かったと思います。

借りても返すのが大変なので借りない方がいいなぁと思って悩んでいましたが、どうすることも出来なく・・・日払いバイトを体調がいい時にして返済しての、繰り返しでした。

両親や友達・恋人にお金を借りるのも限界

最初は家族や友達や恋人から借りていましたが、金額も日に日に大きくなり借りることが出来なくなってしまったので、イオンクレジットサービスを利用しはじめました。

家族や友達や恋人にもその人の生活があるので稼ぎが凄い多い方ならいいのだろうけど、普通のサラリーマンやOLでは20代、30代だと給料もそこまで多くなく、他人の生活の面倒見るのは現実的に厳しいのかと思いました。

あとは家族だとお金借りていたとしても変な距離感にならないけど、あまり親しくない友達だと少し疎遠になるとすぐ返済要求されたりされて、そんな数十万もすぐには用意出来ないので、そういうのもあってイオンクレジットサービスを利用しはじめた経緯もあります。

怖いお兄さんが取り立てに来るんじゃないか?カードを作る前の不安

カードを作る前は、怖いお兄さんが取り立てに来るんじゃないか?とか払うの遅れてしまったらどうしようとか、少し不安でした。

でもそんなこともなく、支払いが遅れてしまったら電話がかかってきて、支払いの約束をさせられます。

もちろん、怖いお兄さんが電話してきたり、家に来ることもなく、丁寧な口調の電話オペレーターさんから電話がきました。

イオンクレジットサービスの場合は引き落とし口座にお金が足りなかった場合は支払い用紙のハガキが届いていました。恐いお兄さんが取り立てに来るのではなくコンビニ等で支払い出来るので安心です。

手続き中は当時は日払いの不確定収入だったのでイオンクレジットサービスを本当に利用出来るのかが不安でした。年金の収入もあったからかはわかりませんが審査は通りました。

受け取ったお金は3万円、食費に

初めてお金を受け取った時は3万だったと思います。食費にまわしました。

何もしてないのに3万円も貰っていいの!?と驚きました。(実際は貰っているのではなく、借りているだけですが・・・)

意外とスムーズでATMで銀行口座からお金を引き出すような感覚と似ています。イオンクレジットサービスの場合は専用のATMがあるのでそこからお金を引き出せば他の人にバレることはありません。

借りたお金で豪遊するわけではないですが、普段1食事が100円以下の生活だったので、その日だけは少しいい食事したいな~っと思いました。

あとは真面目に働いてる社会人の方、両親に、少し悪いなーっていうような気持ちもありました。が、それはちゃんと病気を治して仕事復帰して返済すれば大丈夫だなっとそれから頑張りました。

今は借金は完済しました。

私は完済したので、借りててよかったと思っています。当時、友達にも家族にも迷惑かけていたので。

どう思いましたか?この記事をシェアする

Facebookでシェア Twitterでシェア

10月 2, 2017 病気で働けなくなり生活費のお金をキャッシングで借りた結果・・・ はコメントを受け付けていません。 お金を借りたリアルな体験談