車の購入資金をキャッシングし、今は債務整理をして月々返済中の体験談

車の購入資金としてキャッシングを利用。その後借りたお金で贅沢をするようになってしまし、アコム・レイクの2社から借り入れをし、今は債務整理をして返済中という35歳のコンビニアルバイトの女性の方の体験談です。

夫婦で相談し車の購入の資金をキャッシング

当時私は20代前半ですでに結婚しており子供も一人いました。お金を借りるきっかけとなったのは車の購入にまとまったお金が必要だったからです。

「そろそろ大きめのファミリーカーが欲しいね」なんて主人とよく話していましたし、当時主人が乗っていた車はまだ十分に乗れたのですが軽自動車でしたので子供をもう一人考えている我が家にはやっぱりファミリーカーが必要でした。

「欲しいな」と思ったら買いたい欲が強まり毎日ネット検索してみたり、主人の休みの日には試乗なんかにも行っていました。

欲しい車も大体決まり、お金の話になりました。若くして一緒になったため貯金などは少しはありましたが車を購入できるほどの蓄えはありませんでした。

そこで主人と相談しお金を借りる事にしました。

両親はお金を貸してくれなかった

互いの両親に車購入の費用を借りれないかと話しました。毎月の利息の事を考えれば家族に借りて返していけば万が一家計が苦しい時があったとしても、待ってもらいるという甘い考えもありました。

しかし互いの両親には今車を購入する事は賛成しないと言われてしまいました。

理由は、今の車がまだ十分に乗れるのになぜ必要なのか、二人目が出来て産まれてから考えたって遅くはないんじゃないかと。

当時主人は結婚してから仕事を3回変えている事もあり、万が一また仕事を変えるようなことがあったらお金を返していく事の継続も出来ないのではと言われてしまい、互いの家族に借りる事はできませんでした。

キャッシングのカードを作るときは緊張!なぜか悪いことをしているような気持ちに・・・

初めてカードを作る日すでにカードを作ったことのある友人に無人機の前まで付いてきてもらいました。

凄くドキドキしたのを覚えています。全然悪いことをしているわけではないのにいけない事をしているような気持になりました。

無人機の中に入り奥にまた小部屋がありました。そこに入り手続きを始めると中から内鍵をするようにアナウンスが流れました。

鍵をかけてしまったらわからない事があっても外の友人に聞くことができないので不安になりました。

流れにそって、自分の情報や借りたい金額、本人確認を一通り記入を終えると少し待ちました。

カードが作れなっかたらどうしようと思いながら待ちました。

暫く待つと、機械横にある電話がなりました。その電話を取り、2.3質問をされ電話をきり待っていると審査が通りカードを無事作ることが出来ました。

ドキドキから解放されカードを作れたことが凄く嬉しかったです。

「これで車が買える!」カードを作ってすぐにお金を借りました

自分の通帳でもなくお金を借りているのにもう自分のお金のような錯覚を起こし気持ちが大きくなった事を覚えています。

お金を手にした時はこれで車が買えると嬉しかったです。

主人も喜んでくれました。週末には車を購入しにいき達成感に満たされました。

そこから欲しいものがあるたびにお金を借りてしまうように・・・

それから度々まるで自分のお金を通帳から下ろすかのように欲しい物がある度に、月々お金が足りない時など頻繁に下ろしに行くようになりました。

始めはカードを作るのも無人機に入ってお金を借りるのもあんなにドキドキしていたのに、全く緊張もしなくなりお金を借りる事が癖になり、私はもう一社から借りました。

それから自分の欲しい物や外食など様々な贅沢をお金を借りてしました。

債務整理をして月々返済中

現在は、債務整理をして月々返済中です。

予定外にも借りてしまい、月々の支払いが苦しく何年も利息だけを払う生活が続いたため債務整理をしました。

今なら借りなかった方が良かったと思います。

人によるかもしれませんが、私は上手く自分を制御することが出来ませんでした。今申し込み前に戻れたとしたら、私は申し込みしません。

どう思いましたか?この記事をシェアする

Facebookでシェア Twitterでシェア

10月 16, 2017 車の購入資金をキャッシングし、今は債務整理をして月々返済中の体験談 はコメントを受け付けていません。 お金を借りたリアルな体験談