三井住友カードローンでキャッシングをしたノンフィクション体験談

大手保険会社の正社員の方が三井住友カードローンでキャッシングをしたときの体験談です。ノンフィクション、リアルな体験談です。

どうしても必要だったという12万円・・・何のお金か気になりますね・・・笑

どうしても12万円のお金が必要だった・・・

どうしても12万円以上のお金が必要になり、カードローンと出会いました。

数あるカードローンの中で三井住友カードローンを選択しました。他のカードローンに比べ様々な面でまさっていたからです。

三井住友カードローンにはいいところが2つあり、1つは、年収や勤続年数等の表面的なスペックだけではなく、これまでの(普通預金)口座履歴もきちんと見ていただけたことです。

遅延や残高不足が一度もないことはもちろんですが、他社ローンの繰り上げ返済の実績まで審査対象になっていたことはビックリしました。

2つ目は、会社への在籍確認の電話連絡です。これについても、申込時の電話で相談したところ、健康保険証コピーの提出で、在籍確認電話に代えてくれました

皆さんも、自分のスペックや在籍確認電話で躊躇ってられる方がいたら、一度相談だけでもしてみることをお勧めします。

また、三井住友カードローンの審査では、自分の年収でも250万円まで借り入れることができました。極度枠が上がったことで金利も下がったので速攻他社ローンの35万も三井住友に借り換えしました(笑)。

利息のあるカードローンでお金を借りた理由

キャッシングを利用するにあたって、まず私が考えたのはカードローンのメリットです。カードローンは融資枠内であれば、借り入れ・返済を繰り返せるという点でした。

友人に借りた場合「そのお金はなにに使うの?」とか色々と聞かれそうですが、カードローンなら資金の利用用途が自由なんです。これは私の中で友人にお金を借りるのではなくカードローンを選んだ1番のメリットでした。

次にコンビニATMなどでも利用できるのでとても便利だと思いました。
審査が早いというのもメリットかもしれません。借り入れ返済が自由という点が一番重要だと思いました。

そして、単純に毎月一定額を返済するので、計画を立てやすいというのも大きなメリットだと感じました。

ちゃんと返済していけるかなぁ・・・借りる前の不安

まず私は、しっかりと返済していくことができるのかとても不安になりました。

そして、カードローンを利用すると思った以上の利息がつき、元金の支払いができず利息だけの支払いになりそうだと不安でした。月々に必要な返済分を払えるかどうかがとにかく心配でした。

また、親などにカードローンのことがばれるかなど、もしばれてしまったらどのように対処すればいいのか、作る前はこのような不安ばかり抱えていました。

もういっそのこと友人に借りてしまおうかなども色々と考えましたが、カードローンの様々なメリットを知り、私はカードローンを選択しました。

お金を手にして「助かった」

お金を受け取ったときは、本当に借りてしまって、返せるのかどうかが不安でした。ですが、それと同時に「助かった」とも思いました。

また、「絶対返してみせる」と決めて用件を済ませてから必死に働きましたね…

そして、ただ純粋にカードローンで本当に借りれるんだ!という感情も生まれました。

他に思ったことはやっぱり友人や親などにばれないようにしよう。ということでした。過去にお金を無駄使いしてしまって多額の借金を作ったことがあって、これを最後にお金は絶対に借りないと思っていました。結局その後も、もう1度借りてしまいましたが…。

今度こんな大金を目にする時は、借金ではなく自分のお金を出し、親孝行したいと思いました。これから返済をしていきたいと思います。

現在は返済が順調に進んでいます。

どう思いましたか?この記事をシェアする

Facebookでシェア Twitterでシェア

10月 3, 2017 三井住友カードローンでキャッシングをしたノンフィクション体験談 はコメントを受け付けていません。 お金を借りたリアルな体験談